水に浸かってしまったスマートフォンの対処法とNG

とにかく安静第一

水没直後、皆さん必ずするであろうタオルドライ。
まず周りはそっとタオルなどで拭きましょう。
トイレやシンクなどに一瞬落ちた程度であれば、安静第一です。
自然乾燥を徹底しましょう。
この時、気になって電源を入れたり消したり、スマートフォンを色々な角度から見ようとし過ぎない事です。
あまりグルグルしてしまうと、もし内部に水が入っていた場合、水を広げてしまうことにもなりかねません。
もし、細かいところがタオルだけで拭けているか不安であれば、とりあえず、携帯は平らなところへ置き、そこから動かさない。
そしてティッシュでこよりを作り、細かいところへ入れてみると良いでしょう。
また、先がとがったタイプの綿棒もありますので、そちらも使ってみてはいかがでしょうか。

電池パックやSIMカードは抜く

タオルドライする際に、道具無しで簡単に外す事ができる部品を取るとよいでしょう。
特に電池パックは濡れてしまっている場合、そこから熱を発したり、後々膨張したりと表面的には異常がないように見えてもトラブルのもとになることもあるようです。
まずは表面をそっと拭いたら電池パックを外し、濡れている場合にはこちらも優しく拭きましょう。
忘れてはならないのがSIMカード。
大事なデータが入っていますので、万が一、携帯がご臨終となった場合にも、SIMカードに保存してあるデータはとりあえず守る事ができます。
携帯そのものにデータ保存することもできますが、日頃からSIMカードやもしくはクラウドなどのオンラインでバックアップをとっておくことが大切です。
しかし、既に水没してしまっている場合には今更な話ですので、とにかくはSIMカードを確保しましょう。


この記事をシェアする