うっかりやってしまいそうだけどNGな行為とは

自分で分解しない

電池パックやSIMカードなど、自分で簡単に開けられて取り外しのできるデバイスであれば早めにとって拭いておく必要がありますが、ドライバーなどの工具がないと開けることのできない場所や部品は素人が無理にこじあけたりすると、水が広がってしまったり、水分を拭き取れたとしても元に戻す事ができなくなり、結局水以外の理由で壊れてしまうということにもなりかねません。
イヤフォンや充電器を差し込む穴から水が入ったと思われる場合には、綿棒やつまようじ、ティッシュを上手く使って拭き取るだけにとどめておきましょう。
この時、奥までつっつきすぎて中を変形させてしまわないようにも注意しましょう。
冷静に拭けるところだけ拭き、あとは自然乾燥させたり、キットや業者に依頼しましょう。

米やドライヤーはあまり効果がない

米に水没したスマートフォンを入れるという方法を聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。
実はこれ、乾燥目的なので、そのまま自然乾燥させるのとあまり大差はないようです。
むしろお米の粉っぽいちいさなかけらが携帯の凹凸部分にはまってしまうこともあるので、あまりおススメできません。
どうしても何か道具を使って水分を取りたい!という場合には乾燥剤を携帯と一緒にジップロックに入れるとよいでしょう。
中にはタンスなどに使う、大きなタイプの乾燥剤の上に携帯を置いて直したという方もいるようです。
そこに袋をかければなお良いでしょう。
また、携帯は決して振らず、ドライヤーをあてるのはやめましょう。
振動や風で、水が入っていない奥の方まで逆にいきわたせてしまいかねないNG行為です。


この記事をシェアする